脱毛方式の特徴

サロン

3種類の脱毛方式がある

脱毛エステで受けられる脱毛施術は、どれも同じだと考えていませんか。しかし、それぞれの脱毛エステが導入している脱毛方式によって、脱毛の種類が変わってきます。脱毛エステで導入されている脱毛方式は、IPL、SSC、SHRと大きく3つに分けられます。IPL方式は、メラニンの黒色に反応するキセノンランプの光を照射し、毛乳頭にダメージを与えてムダ毛の再生を阻止する脱毛方法です。産毛にはあまり効果がありませんが、太い毛に高い脱毛効果を発揮します。ただし、脱毛効果が高いぶん、痛みを感じやすいのが特徴です。SSC方式は、抑毛効果のあるジェルを肌に塗り、その上からクリプトンライトを照射する脱毛方法です。光を当てることでジェルが毛穴の中によくもう成分を浸透させ、ムダ毛の再生を抑止します。太い毛、細い毛のどちらにも効果があり、ジェル効果で痛みを感じにくい脱毛方式です。SHR方式は、毛の組織を作るバルジ領域に熱を与え、ムダ毛の再生を阻止する脱毛方法です。IPL方式アSSC方式のように高熱の光を照射するのではなく、低温の熱を連続的に与えるので、肌への負担も少なく痛みもほとんど感じません。メラニンに反応しないので日焼けした肌でも施術が受けられ、毛周期に関係なく施術できるので短期で完了できるのが特徴です。このように、脱毛方式にはそれぞれ特徴があるので、自分に合った脱毛方式を導入している脱毛エステを選ぶのが良いでしょう。

Copyright© 2020 カウンセリングを受け納得してから正式に申込む All Rights Reserved.